忍者ブログ

五月晴れ ソフトボールの季節です

kaityou_20120506.gif




愛知県ソフトボール協会尾張支部長
全尾張ソフトボール連絡協議会会長
岩田 滿
 




ソメイヨシノはとっくに葉桜になり、バトンタッチするように八重桜や藤の花は今や満開。裸木だったイチョウや我が家の柿の木も若葉が萌え出した。葉が少しずつ枝の隙間を埋め、緑が日に日に色濃くなっている。
ゴールデンウイークが始まった。5月は日本人が最も気持ちよく感じる季節という。カレンダーに「赤い日」が続くと心も浮き立つが、それぞれが何の祝日なのか、と問われると答えられるだろうか。
4月29日。犬山市で一週間遅れの全日本シュニア県大会が始まりました。力まかせに走ってきた壮年の時を過ぎ、今なお年齢の限界に挑む人たちは輝いている。「まあ、わしゃ年やで」なんて言わない、そう言えばこの日は昭和の日。28チームが参加して激戦が始まった。2日目は準々決勝から1日3試合、頑張ってほしい。(HPに掲載される頃は結果が判る)
ゴールデンウイーク中は各種の大会が盛りだくさん。どうかして朝から青空が広がり、素晴らしい大会日和となり、私たちも心と体をリフレッシュできる有意義な日にしたい。5月5日~6日東海地域クラブ男子・女子の大会が扶桑町を中心開催し、5月25日~27日には日本女子リーグ2部愛知大会が大口町で開催されます。この季節、様々な大会が尾張地区ばかりでなく県下一斉に開催されます。
選手の皆さんにお願いしたい。試合にあたっては、自分たちのソフトボールを楽しむこと。それが一番大事。臆することなく、「わたしたちにはできる」と信じる心こそが、強いチームの強さの源です。特に若い小中高の皆さんには、夢は見るものでなくかなえるもの、諦めなければ人知れず流した汗や涙は報われる。その心根はしっかり受け継がれ、今なお躍動の礎となっている。茫洋とはしていても、目の前に広がる未来にどうしても胸が高鳴る。若いというだけで大きな財産だ、と言っても決して大げさではありません、苦難に満ちているが、その克服例も同じくらいあります。応援するお母さん、ご父兄には、子育ての大変さの中にもわが子へ注ぐ愛情の濃さが伝わり、成長する子供を温かなまなざしで見守る父母や祖父母たちの優しい姿はじつに美しい。
この時期、全国大会の県予選が各種目とも行なわれます。全国大会出場を目指し、日夜練習に励まれたみなさんの戦いも、いよいよ始まります。大会を順調に勝ち抜けば、皆さんの目ざした全国も夢でありません。大会に、チームの名誉と応援する周囲の皆さんの期待を一身に背負い、いまここに戦いの場に臨もうとする皆さんは、ここまできた感激と、やってやる のファイトでいま、はち切れんばかりだと思います。
選手のお願いしたいことは、どんなアクシデントがあろうとも、ベストをつくして戦っていただきたい、ですが、やり直しのきかない一回ごとの戦いで、弁解や泣き言は絶対に許されません。石にかじりついても勝ちにこだわる この執念と気迫こそが、勝敗を超えて、戦いに勝つ根本的な力だといえます。ぜがひでも勝てと、勝ち負けを強要することはいたしません。あくまで、選手としての誇りを持って正々堂々と、りっぱに試合を戦ってきてください。勝っておごらず、敗れて悔いなきスポーツ精神を持って、最後まで戦い抜かれることを心からお願いします。
終わりにあたりこのホームページの編纂が一時停止していたことをお詫びします。これからはより充実した内容を掲載し皆様の期待に応えていきたいと思います。
今後とも皆様には更なるご協力とご鞭撻をお願いします。
 
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R