忍者ブログ

季節は夏から秋へ10月です

愛知県ソフトボール協会尾張支部長
全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 実りの秋を迎え、稲穂のさざめきが耳に心地いい。秋の夕暮れは少し前まで夕焼けが空を染めていたかと思うと一気に暗くなる。まさに.”釣瓶落としといへど光芒しづかなり”のたそがれである。日が沈む時刻も日ごと早くなっている。1カ月前は午後6時半だったが、今は午後5時半ごろ、季節は夏から秋へ確実に移り変わっていることをいまさらながら実感する。この夏は雨が降らず、記録的な暑さが続いたが、それでもこの季節になれば、高い空にうろこ雲が広がり、郊外の田んぼもすっかり収穫を終えている。


 尾張地区の大会は悪天候もあったが概ね順調である。全国大会の権利を獲得した県代表のチームも健闘むなしく、いま少し芳しくなかったようである(私見だが”ソフトボール王国愛知代表としては”の意で、よく健闘したには変わりない)。


 愛顔つなぐえひめ国体・えひめ大会に出場したわが愛知県代表は、本年度全種目の東海代表権を取り、天皇杯、皇后杯の有力候補でしたが残念な結果に終わった。選手団のご健闘をたたえ関係役員の皆様のご労苦に感謝申し上げます。(国体は昔から組み合わせ等妙な結果となり、開催地が天皇・皇后杯獲得に有利にする為とされる。ただし風潮です)全国大会等の結果はホームページを参照してください。


 「むずかしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをゆかいに、ゆかいなことをまじめに」だ 。もちろん空気を読むことには良い側面もある。その場の雰囲気を壊さず、相手とのコミュニケーションを円滑に図ることができる。「和」を大切にする日本人らしい行為だといえる。しかし、空気にばかり気を使って意見を言えないというのも考えものだ。たまには仲間たちと普段考えていることについて屈託なく意見を戦わせる。それもお互いの信頼関係を育てる一手だろう。


 強豪チームの監督が試合後、選手を集めて怒鳴り声を響かせていた。本気さが足りないとの指摘だったが、スポーツに関わる人物とは思えぬ口汚さに驚いた技術だけでなく、精神的にも成長して勝てれば、うれしいに違いない。ただ、恐怖におののき、従属的立場を強いられるなら、面白さは感じまい。「ブラック部活」との言葉がある。指導者の重い負担も問題だが、生徒が萎縮して表情を失うようでは、主体性も結束も生まれない。きつい練習も含めて、部活動は楽しい方がいい。 


 今年も早いもので残り100日を切った。朝晩は涼しくなり、米収穫や果実がたわわになる食欲の秋である。夏物から秋冬物に装いを変えただけでも、なぜか気持ちも一新したように感じられるのが不思議だ。本年度も、すでに折り返し地点を回った。季節を快適に過ごすことができる服を着て残りの後半も元気に過ごそう。皆さん頑張りましょう。

平成29年10月 3日
PR

暑い夏から秋へバトンタッチする9月

愛知県ソフトボール協会尾張支部長
全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 9月。この地方では最高気温が30度を超える真夏日が続き、残暑は厳しい。それでも注意深くしていれば、
「小さい秋」を見つけることはできるだろう。


 朝、雨戸を開けた瞬間、秋風が吹き抜けた。8月までとは明らかに違う爽やかな涼味を伴っていた。庭のハナミズキの葉も、少し秋色を帯びていた。9月である。残暑の中にひとにぎりの涼しさ。秋とはいえ、まだまだ続く暑さのことを秋暑とも言うらしい。気温は高くても湿気が少なく、朝夕の爽やかさが心地よい。日中は暑いが、さすがに秋の気配を感じるのが朝晩だ。エアコンを止め、窓を開けると涼しい風に乗ってコオロギやスズムシ、キリギリスなど秋の虫の合唱が聞こえてくる。


 9月からシーズンオフまで尾張支部で行われる大会は県大会、支部大会が主流で、全国大会の予選は小、中、高生の来春行われる春の大会だけである。


 すでに県大会の予選を勝ち抜き晴れの代表を勝ち取ったチームが、いよいよ全国大会に出場します。とても書ききれませんが、どのチームもベストを尽くし栄冠をとってください。期待します。(結果等はHPを参照)


 第72回国民体育大会は1953年の第8回大会以来64年ぶりに開催され大会愛称は「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」、スローガンは「君は風 いしづちを駆け 瀬戸に舞え」。大会マスコットはみきゃんで、9月末(ソフトボール競技は10月1,2,3日)に愛媛県で開催をされます。


 愛知県の成年男、女。少年男、女。4種目とも東海大会で優勝し東海代表の出場権得て本大会に出場します。久しぶりの快挙です。ソフトボール競技の天皇杯皇后杯の最有力候補です。ぜひ頑張って貰いたいものです。(ちなみに私事で恐縮ですが1953年の愛媛国体に高校ラグビー選手として東海代表として出場しました)


 指導者(先生方)について私なりの考え方を申し上げます。平日は毎日夕方に所定の勤務時間が終わってから2~3時間ほど無報酬で、できれば早朝も勤務時間前に30分ほど。土日のうち少なくとも1日は指導日で、できれば両日ともに指導してほしい。そのとんでもないことがまかり通っているのが今の学校なのです。部活動は、あくまでも「自主的な活動」だ。放課後などの部活動の指導は「勤務時間」には入らず、時間外勤務手当も出ない。しかし現実には、八割以上の中学校で全教員の部活の指導が実質的に義務付けられている。そういう現実を、どれだけの保護者が知っているだろうか。好きなことならいいじゃないかといいますが、上司から言われ断れ切れない先生方もいらっしゃると思います。子供のことばかりでなく指導者にも目を向けるのも必要でないでしょうか。


 過酷すぎる戦いを減らし、若い才能を将来につなげていく。数々の名勝負を見守って神様も、その選択にうなずいてくれるのではないか。勝負の結果で人生が変わる…ならともかく、終わる…とはふつう思わない。そう思うのは、一戦一戦に自らの進退をかける人ゆえだろう。


 「知恵がある奴(やつ)は知恵を出そう。力がある奴は力を出そう。金がある奴は金を出そう。『自分には何も出せないよ…』という奴は元気を出せ!」


 いくつになっても、その気さえあれば多くのことが成し遂げられる。疑いのない事実ではあるが、それだけでまぶしく、かなわないな、といったところが、若さにはある


ムカッときたら6秒待ってみよう。ゆっくりと3回深呼吸してみるのもいい。皆さん頑張りましょう。

平成29年 9月 4日

暑中お見舞い申し上げます

愛知県ソフトボール協会尾張支部長
全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 猛暑の中、台風が太平洋上を迷走中です。も一歩外に出ると、うだるような暑さの毎日が続いています。


 8月は尾張大会などほとんどありません。熾烈な予選を勝ち抜いた県代表が晴れて全国大会に出場します。8月の大会は暑さとの戦いです。決勝に進むには連続三日間で6試合という予選では考えられないハードなスケジュールです。


 愛知代表の健闘を期待します。


 負けるのはいつもつらい。でもそれがスポーツです。熱戦の魅力は勝ち負けを超えたところにあるのではないか。力を出し切る姿が人々を魅了し敗戦は選手を成長させる糧になります。


 ソフトボールが見る人を感動させるのは、選手たちがひたむきにプレーするからだ。暑さを吹き飛ばすような一投一打を期待したい。全てのチームが、悔いなく試合に臨めますように。「人生は敗者復活戦」。負けて涙を流す皆さん、負けにこそ学ぼう。鉄壁の守りは猛練習で鍛えるしかないのですから。


 7月末、全尾張小学生ソフトボール選手権大会が、うだるような猛暑の中そして突然の豪雨の中、元気な小学生が活躍しました。明日のソフトボールを担う小学生に感動しました。


 チリン、チリンと優しく鳴る風鈴がそうであるように、涼しさを感じさせてくれる音はあると思う。暑さでイライラしそうなとき、アブラゼミにジリジリと鳴かれたらたまらない。言うまいと思えど、思わず口に出るこの暑さである。季節変われば、この寒さ、となるに違いない身勝手さはさておいて、いよいよ今年はすでに猛暑の真っただ中にあり、秋まで体がもつだろうか-と心配にもなるが。


 選手は勿論、審判員、記録員大会関係者に申し上げます。これから夏本番。近年は酷暑が当たり前のようになり、疲労の蓄積による夏バテや熱中症の危険性はより高まる。季節の味を上手に取り入れて、厳しい夏を乗りきってください。容赦なく日差しが照りつける中では、帽子などで対策を怠りなくしたい。水分補給も大切です。


 お盆が来れば終わりが見える皆さん頑張りましょう。

平成29年 8月 2日

7月(文月) 今年も半分過ぎたことになる。

愛知県ソフトボール協会尾張支部長
全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 7月を迎えると夏休みを心待ちにする子どもではないが、開放的でそわそわした気分になる。祭りや花火など、夏の楽しみを思い浮かべると心が躍る。とはいえ夏本番はまだ少し先である。このあたりは空梅雨模様であったが、九州地方は物凄い豪雨で甚大な被害も出ている。


 この時期を代表する花にアジサイがあり雨の日を華やかに彩ってくれる。雨に一番似合う花でもある。青紫、淡紅など色とりどりの花がしずくを落としながら梅雨空に映えていた。ここ数日の雨で生気を取り戻したかのようだ。


 全国大会の県予選もほとんどの種目で県代表が決まった。晴れて代表権を獲得したチームの全国大会での活躍を期待します。(詳細はHPで)


 指揮官の重要な仕事は人づくりだ。組織はリーダーの力以上には伸びない。急がば回れ。リーダーには最善の道を選ぶ眼力と進み続ける胆力がいる。


 「親の小言と茄子(なすび)の花は千にひとつの無駄もない」。自分で小言を言いながら、親の忠告は役に立つから覚えておけなんて勝手な物言いだとあきれたものだが、ナスの花は、咲くとすべて実をつけるということだけは学んだ気がする


 感情を抑え切れない人に出会う機会が増えた気がする。その怒りは損か得かという視点を持とう。総ストレス社会といわれる昨今、イライラしてしまうことは少なくない。そんなときは深呼吸して六つ数えてみよう。


 1日の最高気温25度以上が「夏日」。30度以上が「真夏日」。地球温暖化で近年は40度近くまで上がる日も珍しくなくなったため、新たに最高気温35度以上の日を「猛暑日」と定義付けた。実際に全国の猛暑日の日数は過去半世紀で倍増しているとあった。湿度も高い梅雨明け前後は特に熱中症に注意が必要と言われている。屋内にいても室温の確認と水分補給は小まめに。十分な睡眠、休息と栄養も心掛けたい。


 高いつもりで低いのが教養」「低いつもりで高いのが気位」…。「浅い知恵」に「深い欲望」、「薄い人情」に「厚い面皮」と続く。他人には厳しいくせに、自分のこととなると何かと言い訳をつけて甘くなりがち。そんな日頃のふるまいを突き付けられたような気になる。


 妥協を許さない勝負の厳しさは、スポーツの世界も同じだろう。妥協せずに練習を積み重ねて、才能を伸ばしている若い選手がどの種目でも出ている。


暑い中皆さんガンバッテ!!

平成29年 7月 6日

水無月(みなづき)  弥涼暮月(いすずくれづき)という、すてきな異名を持つ6月が始まった

愛知県ソフトボール協会尾張支部長
全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 6月の声を聞き、水を張った田んぼが見られるようになった。毎年のことながら大きな水面が広がる風景は、季節の移り変わりを感じさせてくれる。梅雨の季節を前に野も山も街の並木も、日々色を濃くしてゆく。この頃は、色や香りを時候のあいさつに託すことも多い。青葉を抜ける風を「緑風」と、若葉の香りを運ぶ風を「薫風」と呼ぶ。「風青し」と書けばさわやかな風の吹く心地がする。五感で確かめたいこの季節である。


 5月は大口町で日本女子リーグ愛知大会が行われました。地元の大口町の東海理化も一宮市のDream Citrineも出場しました。大声援の中、好調なスタートではなかったけど、まだまだ先は長い。今年こそ1部入りを目指し最後までガンバッテくれると思います。なお開催中に「リーグ選手とのふれあい」を目的としたJSLソフトボールフェスタが、近隣の小中学生多数が参加し盛大に開催され好評でした。


 なお5月は小学生から一般まで全日本大会出場を掛けて愛知県予選会や愛知県選手権大会が開催されました。(詳しくはホームページで広報ソフトボール尾張http://owarisoft.com)


 6月も全日本一般男子ソフトボール大会愛知県予選会を皮切りに各種目の県予選会が開催されます。


 大会の開会式に選手を代表して選手宣誓が行われます。そんな中に「正々堂々」と実に分かりやすい言葉があります。辞典を繰れば、態度や手段が正しくて立派なさま、とある。軍旗が正しく整うとともに陣構えの勢いが盛んなさまを表しているそうです。


 壁にぶつかった際の対処法のヒントはいっぱいあります。失敗を重ね、焦り、自分の道に疑問を抱く姿は、一方で苦境から抜け出す思考、すべは、各人各様で示唆に富みます。ただし練習がめざましい結果につながるとは限らない。歓喜にむせぶ覇者の陰で、大多数の選手は悔し涙を流します。


 「ライバルは昨日の自分」。「コントロールできるのは『今』と『自分自身』だけ」


昨日の自分よりうまくなれるよう「少し頑張ればできるようになること」を考え練習に励む。終わったことや未来について思い悩むより、今できることに向き合う。大切なのは何に集中すればいいかを明確にし、そのことだけに取り組むことです。


 カレンダーを眺め、小学生ののび太が言う。「ぼくのいちばんきらいな六月!祝日が一日もないんだぞ。春休みとも夏休みとも関係ない。こんなつまんない月があるか。


そうです6月は1年のうちで唯一、国民の祝日が無い月として知られる。


6月に入った。梅雨入りも近い。

平成29年 6月 5日

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R