忍者ブログ

令和2年元旦 明けましておめでとうございます

愛知県ソフトボール協会尾張支部長 全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 令和2年が明けました。オリンピックの年です。ソフトボール競技のオリンピック参加は、次回はいつあるのか不透明です。東京オリンピックが最後かもしれません。IOCに期待しないでソフトボールはソフトボールで、世界選手権等を充実させて行かなければと思います。ラグビーのように。

 悲しい時、苦しい時、目に涙があふれるが、得るものもあります。にじんできれいに思えたり、重なって見えたりする景色です。苦境の時に見える世界に、人生を豊かにする手掛かりがあります。だが、火を消せ-放っておくと消せなくなるとも言う。

 平成の時代が終わり、迎える令和初のお正月。新年の用意を怠ると必ずバチが当るようで落ち着かない。これもまた年に一度、気を引き締めて迎春準備に心を砕いた亡き母の背中を見ての感慨です。

 昨年は子供への虐待など悲しい事故事件が余りにも多かった。そこで子どもの身体や心に苦痛や不快感を起こす行為が体罰として来年4月から法律で禁止されるそうです。子供たちには言いたい、「スマホを置いて、スポーツをしよう」スマホは便利ですが弊害も多いですね。

 私ごとで恐縮ですが、愛知県ソフトボール協会副会長、尾張支部長、全尾張ソフトボール連絡協議会会長を務めて22年、決して君臨したわけではありません、いろいろな事情があり今日至りました。しかし老齢になり、スポーツジムで体力維持努めておりましたが、体力維持は難しくこれ以上務させていただくことは、迷惑になると自己判断し、皆さんに無理矢理了解してもらいました。従ってこのコラムも今回でもって終了したいと思います。

 思えばこのコラムも22年✕12回=264回目、拙い文章をよくもまあ読んでいただきました。有り難うございます。

 1967年実業団チームの監督を引き継いで53年、それがソフトボールとの関わりです。以来いろいろな人たちと関わりました。有難うございます。


 ソフトボールは永久です!!さようなら。

令和2年 1月 1日
PR

12月(師走) 令和元年も終わります

愛知県ソフトボール協会尾張支部長 全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 うんざりする暑さがようやく過ぎ去ったと思ったら、この頃は朝晩のこの冷え込みである。さて、秋の訪れはいつだったのか。それどころか、秋そのものが短くなったのではと思うのは、今年に限った話ではない。木枯らしや初氷の便りが届く頃になれば、冬は足早にやって来ます。これからますます冬の足音が大きくなっていくのだろう。寒さが増し、日が短くなるのと対照的に、人のぬくもりや生命の輝きがいとおしく感じられる時季でもあります。最近の秋は短くて、冬が突然にやってくるようですね。暑いか寒いか、どちらかの一年で、季節の移ろい方が荒っぽいです。日没の時刻が日を追って早くなっています。今時分の日、街路樹の紅葉・黄葉が鮮やかさを増しているように見えます。紅葉は晩秋の季語だが、温暖化の影響で初冬が語感として合うことも多くなりそうです。紅葉が終われば、はや年の瀬を迎える。


 尾張支部のスケジュールは、11月24日の稲沢市での県会長杯女子で全スケジュールを終了いたしました。今年度も全開催地市町村のご理解とご支援、主管協会、連盟の献身的なご努力とご尽力によるものであります。改めて感謝と御礼を申し上げます。協会役員と競技役員、特に審判員、記録員の皆様には大変な過密スケジュールと天候不順等々で、ご苦労おかけしました。11月24日第3種審判員の講習会も終わり、あらたに44名が合格し来シーズンから審判員として期待されます。今後は来シーズンに向かって様々な打ち合わせを行いスケジュールを決定していきたいと思います。また部門ごとの忘年会、新年会も行います。(詳細はホームページを参照してください)


 SNSの事件で考えさせられるのは、日常で「生きづらさ」を抱える若者らはネットを通じ、家庭や学校、地域以外の見知らぬ人との交流を選ぶ傾向がある――。周囲から規定された自分を解放して「本当の自分」を出せるような気がするからだそうだ。
 一日を始めようとする人へのエールに「今日の日も涙に負けるもんか」。NHKの連続テレビ小説「スカーレット」の主題歌の一節。
 アスリートに申し上げます。勝利を追い求めるだけの争いは見る者の心が苦しくなることもある。勝者と敗者が笑顔で握手を交わせたらいい。そこにある敬意を大切にしたいですね。


 インフルエンザの季節。マスク着用・手洗い・うがいを呼び掛ける。熱やせきが出たら「風邪かな」と自分で判断してはならない。早いうちに医師に診てもらって下さい。


 紅葉が終わればはや年の瀬を迎えます。早いですがよいお年をお迎えください。 

令和元年12月 1日

11月(霜月)  秋は夕暮れ

愛知県ソフトボール協会尾張支部長 全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 朝晩の冷え込みにようやく秋の訪れを肌で実感します。寒暖を気にせず出掛けるなら今の季節が最適です。目にしたものに刺激され、自ら試行してみる時期もまたしかり。日に日に秋の深まりが感じられる。


 秋の夜長、お気に入りの本のページをめくるのは至福のときだ。月の光がさえ渡る季節である。普段あまり気に留めることのない月だが、菩薩や神の姿を重ねた古人の想像力に思いをはせながらじっくり眺めるのもいい。


 秋晴れ、秋麗、爽秋、菊日和。秋の天気を表す言葉には澄み渡った青空を思い起こさせるものが多い。運動会や遠足のシーズンでもある。子どもたちはその日が晴れるよう願いを込め、てるてる坊主を作ります。
 10月は小・中・高の新人戦をのぞき一般の大会は9月に雨天等により順延された大会のみでした。それにしても3つの台風が次々と来て日本列島(静岡・関東・信越・東北)は甚大な被害が出ました。この尾張地方は幸いたいした被害はありませんでした。10月は1年で天候は一番安定している時季なのにと悔やまれます。
 11月は大学選手権・会長杯(女子)・高校女子の大会がありますが天候に恵まれるよう祈るばかりです(ホームページ参照)


 来年から体育の日は、スポーツの日に改まります。体育とスポーツは別ものです。体育は学校や軍隊での身体教育の略。一方、スポーツの語源、ラテン語のデポルターレは、労働を離れた遊びや余暇を意味しています。そう言った意味で釣りも囲碁もスポーツでしょう。「スポーツの日」の意義は、スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願うとされます。競技力向上は課題だが、まずは楽しむことから始めましょう。体を動かし、汗をかくと壮快になれます。


 「明日は明日の風が吹く」というこの言葉をよりどころにしている人もいるだろう。忙しい日や、つらいことが続いても、そう思えば何とか乗り切れるような気がします。


 令和新時代が本格スタートするとともに平成が遠のき、昭和がかなたに去る。それでも、いやそれだからこそ、忘れてはならぬことがあります。


 今シーズンもあとわずか皆様のご協力をお願いします。 

令和1年11月 1日

10月神無月  宮中クラブ(江南)全国制覇おめでとう(全日本壮年大会)

愛知県ソフトボール協会尾張支部長 全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 台風が残していった暑さが去り、風が一気に秋めいた。夏の暑さが和らぎ、朝晩の涼しさに季節の移ろいを感じます。夜空に浮かぶ星座も変わり、ペガサスは背中に羽を持つ天馬のような姿がまぶしい。カシオペヤはWの形が印象に残る。ギリシャ神話の登場人物から名付けられた。
 「一葉知秋」という言葉がある。1枚の葉が落ちるのを見て秋の訪れを知る。五感を澄ませば、自然は豊かな言葉で語りかけてくる。日に日に深まる秋を見つけるのが楽しみな時季です。


 9月は天候不順で大会を延期したり中断したりで、大会関係者もちろん出場チームや選手の皆さんには大変迷惑をおかけしました。又ご支援ご理解を賜った各市町村や、ご尽力、ご協力を賜った各協会、連盟をはじめ、審判員、記録員のみなさんには大変ご迷惑をお掛けしました。それでも皆さんのご協力でなんとか乗り切れそうです。


 9月には宮中クラブが悲願の全国制覇を成し遂げました。このチームの歴史は古く、はじめは40数年前、江南市宮後町中町に住む皆さんでチーム結成し、紆余曲折今日に至っています。その間幾多の全国大会に出場して、何度も全国制覇を惜しくも逃がしていましたが、このたび悲願の全国制覇を成し遂げました。おめでとうございます。
(詳細につきましては広報ソフトボール尾張及び愛知県ホームページをご覧ください)


 話は突然変わり恐縮ですが10代前半の死因は自殺が1位。自ら未来を閉ざす子どもがいる社会はあってはならないと思います。10代は希望にあふれた年代だと、多くの大人は考えがちだろう。現状は違うようです。スポーツの世界でも大人たちと子供たちとの生き方、考え方に大きな乖離があります。「ハウ デア ユー!(よくもそんなことを!)」。スウェーデンの十六歳、環境活動家のグレタ・トゥンベリさんが国連気候行動サミットで各国首脳らに。できるだけ早い時期に、二酸化炭素など温室効果ガスの排出をゼロにする必要がある。ただ各国のエネルギー事情の違いなどにより、なかなか足並みがそろわない。大人たちの身勝手で将来の私たちはどうなるのと訴えました。


 残暑のきつい夜、窓を開けて気づいた虫の声も、相次ぐ台風が去り、やっと穏やかな秋になったのに、心なしか衰えたように聞こえる。秋空が広がり、気持ちのいい日を「秋の好日」という。「日々是(これ)好日」とは悠々自適に過ごすことで、満たされた日々も「好日」という。

 すごしやすい季節になりました。皆様のご協力感謝します。


 

令和1年10月 1日

残暑の残る9月(長月)。

愛知県ソフトボール協会尾張支部長 全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 秋とはいってもまだまだ暑い季節です。風が少し涼しく感じたりはしますが、日中はまだまだ夏のような暑さです。それでも夏のうだるような暑さとは違って、夜になると秋の気配を感じます。このところは秋雨前線の影響か台風並みのすざましい雨です


 新学期なりました。学校でのいじめに苦しんでいる子供は、このまま夏休みが終わらなければいいと思っているかもしれません。親、兄弟、教師をはじめそれを取り巻く大人たち。自殺という悲惨な事件にならないよう十分配慮が必要です。「9月1日」は、未成年者の自殺者が年間で一番多い日だという。いじめなどの理由で、学校に行きたくない、行けない子供たちが生きる道を自ら閉ざしてしまう現実に言葉も出ません。


 8月の尾張支部大会は7月の雨で延びた大会のみで、予定はありませんでした。全国大会に出場権を得たチームは猛暑の中、県代表としてよく健闘しました。(関係ホームページを参照)9月は来年に向けての新人戦や、全尾張大会、東西尾張大会が主体です。


 はじけるような若者たちの姿を見ていると、今年もまたありがとう、と言いたい。夏の高校野球も終わり、全国を沸かせた感動のドラマも幕を閉じた。甲子園での球児たちの汗と涙の熱闘は、まさに真夏の風物詩だ。しかし、決勝戦を終えると、何となく物悲しくなる。気がつけば、周囲はいつのまにか秋の気配です。いろいろ問題かかえている高校野球ですが大事なのは選手ファースト。高校生が半端ないプレーができる環境づくりへ知恵を絞りたい。このことはソフトボールをはじめ全スポーツにいえることと思います。


 愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶとも言われています。熱くなって、激しく突っ込んでいくと、たちまちにして精神は分別をなくし、手足は乱れてくる。人間は熱くなると自縄自縛に陥るのだと言われています。熱くならず、冷静さを保った方が、物事をよりよく進められることがある。日韓の政治家たちは温かく滋味深いスープでも飲んで、気を静めたらどうだろうか。事態をよい方向へと進められるかもしれない。


 近づく秋の気配を感じながら、小さな庭の悔いを残しての夏の終わり。もっとも、季節の変わり目は気象も不安定なときである。きょうからは豪雨の予報、新しい季節は、なかなか爽やかにはやって来てくれない。


 涼しくはなったととはいえ体調管理には十分お気をつけてください。 

令和1年 9月 1日

カレンダー

02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R