忍者ブログ

10月神無月  宮中クラブ(江南)全国制覇おめでとう(全日本壮年大会)

愛知県ソフトボール協会尾張支部長 全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 台風が残していった暑さが去り、風が一気に秋めいた。夏の暑さが和らぎ、朝晩の涼しさに季節の移ろいを感じます。夜空に浮かぶ星座も変わり、ペガサスは背中に羽を持つ天馬のような姿がまぶしい。カシオペヤはWの形が印象に残る。ギリシャ神話の登場人物から名付けられた。
 「一葉知秋」という言葉がある。1枚の葉が落ちるのを見て秋の訪れを知る。五感を澄ませば、自然は豊かな言葉で語りかけてくる。日に日に深まる秋を見つけるのが楽しみな時季です。


 9月は天候不順で大会を延期したり中断したりで、大会関係者もちろん出場チームや選手の皆さんには大変迷惑をおかけしました。又ご支援ご理解を賜った各市町村や、ご尽力、ご協力を賜った各協会、連盟をはじめ、審判員、記録員のみなさんには大変ご迷惑をお掛けしました。それでも皆さんのご協力でなんとか乗り切れそうです。


 9月には宮中クラブが悲願の全国制覇を成し遂げました。このチームの歴史は古く、はじめは40数年前、江南市宮後町中町に住む皆さんでチーム結成し、紆余曲折今日に至っています。その間幾多の全国大会に出場して、何度も全国制覇を惜しくも逃がしていましたが、このたび悲願の全国制覇を成し遂げました。おめでとうございます。
(詳細につきましては広報ソフトボール尾張及び愛知県ホームページをご覧ください)


 話は突然変わり恐縮ですが10代前半の死因は自殺が1位。自ら未来を閉ざす子どもがいる社会はあってはならないと思います。10代は希望にあふれた年代だと、多くの大人は考えがちだろう。現状は違うようです。スポーツの世界でも大人たちと子供たちとの生き方、考え方に大きな乖離があります。「ハウ デア ユー!(よくもそんなことを!)」。スウェーデンの十六歳、環境活動家のグレタ・トゥンベリさんが国連気候行動サミットで各国首脳らに。できるだけ早い時期に、二酸化炭素など温室効果ガスの排出をゼロにする必要がある。ただ各国のエネルギー事情の違いなどにより、なかなか足並みがそろわない。大人たちの身勝手で将来の私たちはどうなるのと訴えました。


 残暑のきつい夜、窓を開けて気づいた虫の声も、相次ぐ台風が去り、やっと穏やかな秋になったのに、心なしか衰えたように聞こえる。秋空が広がり、気持ちのいい日を「秋の好日」という。「日々是(これ)好日」とは悠々自適に過ごすことで、満たされた日々も「好日」という。

 すごしやすい季節になりました。皆様のご協力感謝します。


 

令和1年10月 1日
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R