忍者ブログ

8月(葉月はずき)本格的の夏、令和の夏

愛知県ソフトボール協会尾張支部長 全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 セミの鳴き声がかまびすしい時季となった。セミの声は一段とボルテージが上がりそうだが輝く太陽の下でのセミしぐれを待ちわびた子どもたちには、ようやくやって来る令和の夏だ。この国の夏は、とにかく蒸し暑い。日差しは肌に突き刺さり、ねっとりとした空気がまとわりつく。一天にわかにかき曇り、雷がとどろくこともある。何かにつけて大げさで甚だしい。


 8月になりました。この月は高校総体や、中体連の大会を始め、日本ソフトボール協会が主催する小学生、中学生の全国大会が開かれます。もちろん一般の大会も開催されます。いずれも猛暑の中、暑さと過密日程を乗り越えて勝ち抜いてこそ、たくましい選手が育つといわれていますが、今まではいかがなものかと反論もあるのも事実です。ただ代表のチーム、選手の皆さんに申し上げたい、誰かのためだけでなく、自身の充実感を大事にして、全力を出し切ってほしい、と思います。愛知県の代表として。


 8月は尾張地区で愛知県大会や尾張大会はおこなわれませんが、唯一7月に実施される予定だった尾張小学校大会が台風のため8月初旬に変更されました。熱中症等十分注意して対応したいと思います(いずれも各ホームページを参照)


 思いやりは日本人の美徳であり、うまく生きるための知恵でもある。しかし近ごろは日本のゆがんだ力関係によって、弱い立場の人が傷つく例はスポーツ界などでも明るみに出ている。夏の高校野球で悔いを残させることになる独善的な采配なのか。それとも、これぞ勇気ある英断なのか。注目の最速エースを決勝のマウンドに送らず、甲子園を逃す。その監督の決断に賛否は激しく分かれよう。死力を尽くすという古風な美学を追うだけでは…。そもそも、ひと昔前に比べ、猛暑日が随分増えている。


 梅雨明け・青空・せみ時雨。長かった梅雨寒が終わると、街路樹はセミたちのステージに。騒々しい大合唱も、まあ、しょうがない。セミたちも太陽を待ち焦がれていたのだろう。短い命を爆発させるがいい。ようやく真夏らしい暑さとなった。台風とその余波が無事に過ぎ去れば、海水浴シーズンがいよいよ本格化する。連日猛暑が続きます。水分補給はお忘れなく。 

令和1年 8月 1日
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

07 2019/08 09
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R