忍者ブログ

夏から秋へ

愛知県ソフトボール協会尾張支部長

全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 朝夕めっきり涼しくなり、秋の気配を感じる。猛暑の中では気づかなかった、足元に咲く花に目が留まる。「花」は春の季語だが、「草の花」は秋の季語だ。秋の野に控えめに咲く有名無名の花は、古くから人々の心を和ませます。空も高くなった。野辺に目をやれば、夏から秋へのあわいに咲く草花が姿を見せている。
 「人間、老年になると抑制がとれる」「新しいことを忘れ、古いことをよく憶えているという老化現象を神はよくお与え下さった」。精神の自由こそ、老いの特権。不惑や耳順に程遠い、凡百の身の励みに。そういえば今日は敬老の日。
 スポーツの秋。さわやかな風が汗を心地よくしてくれる。久しぶりに運動不足の人も、気軽にソフトボールを興じてはいかがだろう。最近、あちこちで「サードプレイス」という言葉を聞く。どういう意味かと聞けば、家庭でも職場でもない「第三の場所」だという。緩やかに人とのつながりを求める「くつろぎの場」という意味もあるそうだ。
 この日曜日、久しぶりの快晴。西尾張選手権が一宮で開催された。ローカルな大会だが近隣の市町の人たちと覇権を争いながらソフトボールを楽しむのはまさに「第三の場所」だと思うし「くつろぎの場」でもある。これからはこうしたローカルな大会が多くなります。ソフトボールを楽しんで下さい。楽しくなければソフトボールではありません。
 若い選手に申し上げます「君は一人じゃない」「守りたい物は守れるよ」「笑顔が一番十倍元気」「涙は笑顔で乾く」「心は一つ」は自ら気持ちを奮い立たせている。そう秋は新人戦今年先輩が出来なかったことを君たちに期待する。
 最近事務局の人に「コラムなんだからもっと気楽に書いてくださいよ」との助言をうけた。「難しいことを易しく」。文章を書く際にいつも心がけているつもりだが、言うは易く、行うは難しの例えどおり、簡単ではない。「難しいことを易しく」だけでなく「易しいことを深く、深いことを愉快に、愉快なことを真面目に書くこと」に心がけたい。
 スポーツの秋。さわやかな風が汗を心地よくしてくれる。運動不足の人も、気軽に第一歩を踏み出してはいかがだろう。ソフトボールに限らず、それぞれに生きがいを持ち、生活の目標があり、自分らしく生きられてこそ幸福と言えよう。
平成26年9月15日
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R