忍者ブログ

年の瀬に寄せて

愛知県ソフトボール協会尾張支部長

全尾張ソフトボール連絡協議会会長
師走とともに寒波も到来しました
二十四節気の一つ「大雪」。これに合わせたかのような寒波襲来である。いかにも冬らしい本格的な寒波が襲来し、いきなりの寒波に、体が対応できない。加齢につれて、体温の調整機能が低下しているのを実感する。耳鳴りにめまい。師走の慌ただしさも手伝い、心身が不安定でもある。
今年も残すところ半カ月を切った。個人的な思いはともかく、社会的には明暗さまざまな出来事がありました。
協会の行事や大会はほぼ終了しましたが、成績はいかがでしたか。試合が終われば勝者も敗者もない。互いに健闘を称え合うノーサイドの精神こそが、スポーツの原点であり、魅力であります。
負けた悔しさ、ふがいなさ。これこそ明日への糧であり、仕事も勉強も、スポーツも芸術も、意欲的に取り組むには目標と応援が必要であります。
それにしても今やキャッチボールが廃れつつあるといわれます。小学校中学校の男女ともに、ボール投げの力が落ちているらしい。全国体力テストでは、平成20年度の調査開始以来、最低の結果となった。専門家は、やはりボールを投げる機会が減っているのが理由とみている。キャッチボールは、デッドボールなどと同じ、米国では通じない和製英語である。ソフトボールや野球を離れても、コミュニケーションの意味でも使われる。確かにキャッチボールで大切なことは、相手の受け取りやすいボールを投げることだ。言葉を交わさなくても、ボールを受け止めた瞬間、相手と気持ちが通じることがある。投げる力以上に大切なものが、失われつつあるのかもしれない。
この月は審判部会、記録部会はじめさまざまなセクションごと納会があります。1年の総決算として反省やら豊富を酒を酌み交わし、仲間と語り合いながら杯を重ねるのを喜びとし、酒を心の癒やしとしております。これから慌ただしい年の瀬に向けて飲む機会が増える人は多かろうが、酒の功罪を肝に銘じ、ほどほどを心掛けたい。
年の瀬に、理事長をはじめ主な役員にお集まりいただき来年度のスケジュールなど決めます。傘下の協会や連盟の皆さんの了解を得ながら、各チームの事情等できる限り考慮して決めて行きます。
今年もいろいろなチームの活躍がありました。強いだけでなく、素晴らしいチームもありました。もちろん県で表彰基準を満たせば表彰されますが、そうではなく、ベストチーム・オブ・ザ・チームを皆さんで選んだらと思います、選考基準も難しいとは思いますが、来年度に向けての宿題にしましょう。
今年は役員の改選期ではありません。したがって辞めたい人も、辞めさしたい人もあと1年お願いします。元気いっぱいの女性は多い。しかし私たちははそれを生かしきれていない。来期こそ女性役員をいっぱい増やそう。
「人間っていいかげんなもんぞ。俺なんか適当そのものやろう。でもぐじゃぐじゃやりよったら途中で何とかなったりする。ほんと適当なもんさ。でも、そろそろ終わりばい」
平成26年12月11日
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R