忍者ブログ

新春のお慶び申し上げます

愛知県ソフトボール協会尾張支部長

全尾張ソフトボール連絡協議会会長
岩田 滿
昨年は大変お世話になりました
  本年もよろしくお願い申し上げます

 紅白が華やかに終わりやがて「ゆく年くる年」の静寂が訪れる。日本人には変わらぬ安住の時が流れ、数々の思いとともに2013年が暮れていく、そんな中、このコラムの原稿を書いています。恒例のNHKの紅白歌合戦だが、「ゆず」と「コブクロ」の違いも分からない身には、初出場の歌手などはまったくのお手上げです。(25年紅白は白組圧勝)
 年の終わりに振り返れば、1年間の皆さんに感謝しつつ、希望をつなぎ直す。きょう、明日もただの二日に違いはないが、誰にも改まるものがある。年の終わりのありがたさであり、新年を迎える希望でもある。何やらきな臭く、不安が増す世の中だが、今年こそがいい年でありますように明るい新年を切に祈りたい。
 昨年のこの支部の行事はすべて成功でした。これは協会役員の皆さんのたゆまぬ努力と審判、記録員のご尽力のおかげです。さらに傘下の主管協会になって戴いた各協会連盟の皆さんのご尽力のおかげと感謝しております。
 1月は関係役員の皆さんには何度も会合を開き競技日程や行事など様々の事を決めたいと思います。そして2月には評議員の皆さんにお集まりいただき26年度の全ての事のご承認を得て、3月末から各大会等実施します。
 チームや選手の皆さんは26年度の栄光をめざし、厳しいトレーニングを始められていることでしょう。どうかご意見や希望、要望などありましたらご連絡下さい。
 ソフトボールは希望も願望も夢も非常にわかりやすい形で人々を巻き込んでいきます。選手たちが懸命であればあるほど、応援する人たちもその熱に巻き込まれていきます。全国大会で活躍するチームやきらきら輝く選手ばかりでなく、地区大会や1回戦で敗退していく普通の人達にも一人ひとりの精一杯の生き方やドラマがあってそれは本当に尊いものです。今年こそ仲間を集いチームを作り参加してください。そしてソフトボールの楽しさを味わって下さい。楽しくなければソフトボールではありません、いつやるか「今でしょう」。
 巳の年も早足で過ぎ去り、もう午の年。喜びがあれば、意のごとくいかないことが多いのも人の世です。去来する思いもさまざまだろうが、いま鳴っている除夜の鐘で雑念を払うという手もあります。明るさと危うさが交錯しながら過ぎた大みそか。今年はどんな年になるのか。年神様から頂く歳に感謝しつつ新年を迎えたい。すがすがしい心持でどうぞよいお年を。
平成26年 元旦
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R