忍者ブログ

春から初夏へ

愛知県ソフトボール協会尾張支部長

全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 花が咲いては散り、雨と風とを繰り返し、そんな日々のあとに巡ってきたのどかなひととき。雨の多い四月だったが、大型連休に間に合わせるように青空が戻ってきた。高気圧に覆われ、各地で夏日の声を聞く。
 4月、ナゴヤドームで行われた日本女子ソフトボールリーグ1部開幕節愛知大会は盛況のうちに終わりました。企業のご協力があったとはいえ過去最大の入場者数でした。参加した12チームはどのチームも新鮮でたくましく毎試合とも熱戦で、特にトヨタ自動車とビックカメラ高崎の対戦は日米ナンバーワンピッチャーの対決(モニカ・アポットVS上野 由岐子)となり、圧巻で観客を魅了しました。関係者の皆さんと観客の皆さんのご協力とご理解に感謝申し上げます。秋には最終節もドームで開催しますのでご期待ください。なお県下では豊田大会、刈谷大会、豊橋大会が順次開催されます。 この地域では日本女子ソフトボールリーグ2部愛知大会が5月22日~24日の3日間、大口町で行います。地元大口町の東海理化が出場します。2部大会とはいえレベルにそれほど遜色なく、面白い試合が多く期待できます、ぜひご観覧ください。ちなみに入場は無料です。
 4月は雨にたたられて試合が伸びた大会もありましたが、全国大会のキップを手に入れられたチームもあります。この5月は小学校をはじめ県代表を決める大会が目白押しです。選手の健闘を祈ると同時に、大会関係者のご尽力とご協力をお願いします。
 ソフトボールは二死無走者から大量点が入る可能性がありますが、無死満塁でも0点の場合もあります。その意外性が魅力の一つでもあろう。点が入りやすいタイブレークは、選手たちの心構えや監督采配に影響をされやすい。勝って奢らず、負けて腐らず。今後の謙虚な言動がその後の新生をもたらすものと銘肝を。頑張り続けていたら、きっといい結果が出ると思うんです。1球の不運に泣く選手。起死回生の1打に歓喜するベンチ。「激戦制し歓喜」「挑戦退ける」「苦杯」「執念」。だからソフトボールは面白い。
 大会関係者にお願いします。ソフトボールをしたことがない人がファウルボールをよけるのは難しい。距離感が分かりづらい。細心の注意と対策をお願いします。
 ゴールデンウイークが真っ只中、春から初夏へと向かうこの季節、ソフトボールを楽しんで下さい。水分補給に気を配りながら、緑の風や風薫る空を探しにいく。時候のあいさつでは、5月から夏が登場する。温暖で芽吹く春も終わりました。成長盛んな夏に向け、力を蓄える大切な時季です。長いシーズンも始まったばかりよろしくお願いします。

平成27年 5月 1日
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R