忍者ブログ

水無月の6月へ

愛知県ソフトボール協会尾張支部長

全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 新緑の鮮やかさに目を奪われる季節。汗ばむ陽気に「スポーツで思いっきり汗を流したい」。新緑からこぼれる陽光の下、そよ風に優しく押されると、誰もがそんな思いにかられることだろう。だが、この5月は少し変だ、立夏が過ぎたとたん、梅雨もまだなのに台風がやってきた。その後真夏日が続く、雨はまったく降らない。こちらも、どうかしている。おかげで野菜の高騰が続く。
 好天続きで5月の行事は順調だった。5月22日23日24日に大口町で開催された日本女子ソフトボール2部愛知大会(in大口町)は好天続きで大盛況のうちに成功裡に終わった。選手はともかく観客をはじめ大会関係者、審判員(ちょっと失礼)の熱中症を心配したぐらい晴天だった。協会主催の各大会もおかげで順調です(いずれもホームページ参照下さい)
 
6月は全国大会の県予選が目白押しです(ホームページ参照)。出場権を懸けてデスマッチです。選手のご健闘を祈るとともに大会関係者、審判員、記録員はもちろん主管する協会連盟の格別なご協力とご尽力をお願い申し上げます。なお熱中症対策とファオルボールなど観客の安全対策にご留意下さい。
 どのチームも目的達成のため 毎日猛練習のことと思いますが練習を1日休むと、取り戻すには倍以上の時間がかかるともいわれます。初期の目的のためがんばって。
 話は変わりますが、小学校の体育の授業のニュース映像を見て、思わず目を疑った。子どもが右足を上げて、右手に持ったボールを投げる。勢いのないボールは思わぬ方向へ飛び、キャッチボールにならない。全国体力テスト結果では、ボール投げは低下傾向が続いている。上達は経験に左右される。投げる機会が少なくなった現れ。キャッチボールは技術だけではなく、心のやりとりでもある。大切なのは相手が捕りやすいところに投げること。他者への思いやりだ。キャッチボールから学ぶことは多い。ソフトボールの普及も前途多難だ。
  2020年の東京五輪に向けた野球・ソフトボールの復帰キャンペーンの一環で、日本野球機構や日本ソフトボール協会が制作した短い動画が話題を呼んでいる。最初に登場するのは「ミスタープロ野球」。左手でポンと放ったボールを「世界の本塁打王」が受け取ると、軽やかに「ゴジラ」へ。現役のプレーヤー、人気タレントや俳優、無重力空間の宇宙飛行士も...。軽快なBGMに乗ってキャッチボールの輪が続く。ソフトボール選手では唯一のスター上野由岐子選手も登場する。締めくくりは、懐かしい「トルネード投法」から、今季絶好調の「二刀流」の彼へ。両競技の五輪復帰には異論やハードルが待ち受けているだろう。野球・ソフト熱も競技人口も、国によってまちまちだ。ただ、関係者の思惑はともかく、どの登場人物も笑顔がいい。「行くよーっ」「ナイスボール」と掛け声が弾む。どこかにしまい込んだグローブの行方を捜索したくなった1分半だ(このサイトのRING OF CATCHBALLをクリックしてください)。ソフトボールのオリンピック復活参加はソフトボール関係者全員の願望だ、なんとしても実現したい。
 新緑の鮮やかさに目を奪われる季節。汗ばむ陽気に,梅雨入りはまだだが、そろそろ田植えの季節、視線は大空に向かう、さわやかな季節だ。多少暑くとも我慢しよう。

平成27年 6月 2日
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R