忍者ブログ

紅葉前線

愛知県ソフトボール協会尾張支部長

全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 朝晩は、めっきり冷えてきた。日中でも日が陰ると、風が冷たくなり、天は高く、行楽やスポーツの好期でもある。

 本年度の大会はほぼ終了し、全尾張女子選手権の最終日と7日から始まる大学選手権、11月22日からの会長杯女子で今年度の大会はほぼ終わります。天候に恵まれればと祈るばかり、8日の日曜日はどうも怪しい。


 10月31日と11月1日に日本リーグ女子の決勝トーナメントがナゴヤドームで開催された。主管が愛知県協会のため尾張支部からも大勢の人が役員係員で出席をお願いした。まことにご苦労様でした。出場チームは1部リーグの4位までのチームで1位トヨタ自動車2位ビッグカメラ3位豊田自動織機4位Hondaで争われた。6位デンソーは出場できなかった。
 試合は1日目はトヨタ自動車VSビックカメラでアポット、上野の日米エース同士の対決となりトヨタの鈴木選手のソロ本塁打でトヨタ自動車が1-0で勝ち、豊田自動織機VSホンダは5-0で豊田自動織機が勝ちました。2日目は3位決定戦のビッグカメラVS豊田自動織機は6-0でビッグカメラ勝ち上がった。決勝戦は勝ち上がったビッグカメラとトヨタ自動車で初回無死一三塁の好機を逸したトヨタはビッグカメラに六回2死からアンラッキーな一発を浴び惜敗した。なんといっても上野投手の3連投2完封が光る、初戦より決勝戦のほうが5~10キロスピードが速く115キロの速球と90キロ台のチエンジアップで投げきった。ただただ快刀乱麻の上野由岐子投手には頭が下がる、そんな大会でした。大会関係者に心から御礼と感謝を申し上げます。


 紅葉が始まった。秋の深まりは人の成熟、円熟の軌跡と重ります。老いたるわが身に照らせば恥じ入るばかりです。拙速は禁物。夢を実現する秘訣は何でしょうか。「小さなことの積み重ね」と、それが唯一の道であリます。来年に向けて、特に若い人に申し上げたい。「一人は全員のために。全員は一人のために」それが唯一の道であります。応援する人間は、応援される人間より強くなければならない。より努力する人間こそ、人に対してがんばれ、といえます。一年に四季があるように、人生にも春夏秋冬があります。長い人生、本人が希望せずとも勝負の時は必ずやって来る。勝ち続ける理想とは裏腹に、現実は敗北や失敗がつきもの。しかし成長の機会はそこにある。価値ある1勝に不可欠な挫折とすべきです。深まる秋。虫の声に耳を傾け、色づき始めた木々に心を寄せたい。私たちは何を感じられるだろうか。あえて苦しいことをやらなければ、得られるものは多くないと思います。


 これからの行事は来年度に向けての、さまざまな会議、審判、記録等の認定会が行われます。関係者の皆様には格別なご協力とご理解ご尽力をお願い申し上げます。

平成27年11月 6日
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R