忍者ブログ

梅雨入り 梅雨明け そしてオリンピック


愛知県ソフトボール協会尾張支部長

全尾張ソフトボール連絡協議会会長
岩田 滿
 夏を感じさせる好天続きから一転、雨の季節がやってきました。東海と近畿で梅雨入りが発表され、出番を待ちかねたようにアジサイも咲き始めています。3カ月予報によると6月は梅雨前線が本州寄りで活発化し、東日本・西日本ともに平年より雨が多いそうだ。選手の皆さんはもとより大会関係者にとっては最悪です。
 シーズンに入って2か月、各地で熱戦が行われ、早々と全国大会出場を決めたチームもあります。また4月20日からのナゴヤドームで開催された平成25年度日本女子リーグ開幕節も盛大に行われ、盛況のうち終わることができました。皆さんには入場券購入など様々のところでご協力、ご支援を賜り有難うございました。5月31日から大口町で開催される日本女子2部リーグ第3節アドバンスセクション愛知大会(大口大会)が行われます。入場は無料ですし8チームが参加し3日間12試合が行われ熱戦を展開中。ただ梅雨に入り天候が心配です。(このコラム5月30日作成中)

 月末にオリンピックのBIGニュースが飛び込んできました。野球・ソフトのオリンピック参加問題、まあ一時予選みたいなもの、悲観的ですが一縷の望はあります。最後まで努力しましょう。
 IOCの組織はどうも判り辛い。どこで誰がどう決めているのか。会長が世襲制みたいであまり透明性は感じられない。どうやらヨーロッパの元王様や旧貴族様の集いらしい。判りやすく、悪い言い方で言えばIOCは公共団体でなく私設団体だと理解すれば納得はいくかも。
 レスリングが先回の理事会で外されたのも理解しにくいし、駄目だから外した種目を同じIOC委員が協議し、ただちに候補に入れるもの理解しにくい。これで再度レスリングが採用となれば、いったいこの騒ぎはなんだったの言いたい。
 昔からヨーロッパの貴族皇族の人達はアメリカやアメリカ文化、アメリカ人が嫌いらしい。もともと野球・ソフトが外されたのもそれに起因されているといわれている。(両種目ともヨーロッパのメタルの可能性がない)。ただオリンピックに入れて貰うには、現状を理解してIOCの理事たちに気に入られるような努力するしかない。
野球・ソフト頑張れ! レスリングも頑張れ!

 今年になって大騒ぎの体罰問題は種々の問題を抱えながら、問題を先送り状態です。文部科学省が運動部指導に関するガイドラインで、スポーツ指導での体罰は「フェアプレーの精神、ルール遵守を前提として行われるスポーツと相いれない」と明記しました。しかし、スポーツは基本的に勝つことを目標にする。「勝利至上主義」を見て取れます。体罰の克服には部活等の当事者だけではなく、保護者を含め社会全体の共通認識が欠かせません。とあるが先送りして丸く収めようとしても無理があります。例えば野心は、人に馴れ服さないで、ともすれば害しようとする心、身分不相応の大きな望み。野望とある。が、大きな飛躍を望んで、新しいことに大胆に取り組もうとする気持ち。これを常に持てともいわれます。出る杭は打たれる。だから、周囲と仲良く、というのでは、才能を十分に生かせない。聞き慣れた格言とは逆の発想だから、印象に残りますね。優柔不断な振る舞いを「石橋を叩いて壊す」と皮肉ると、結構受けますよ。「雨降って地固まる」だけではなく「地崩れる」こともある。出る杭はどんどん伸びろと言ってはいけないの。最後に厳しく指導することは体罰なの。

 お天気予報によれば今年の梅雨は長く雨量も多いらしい。選手を始め大会関係者にとって最悪です。それに6月は全国大会の予選ばかり、特に大事な試合が続きます。選手の皆さんのコンデンションづくりも大変ですし指導者のご苦労もあります。さらに大会会場等の関係者の役員の皆さん、審判員、記録員にも多大なお労苦をおかけしますが何とか克服していいシーズンにしたいと思います。

平成25年5月30日

PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R