忍者ブログ

台風も通過して10月「神無月」  いよいよスポーツの秋

愛知県ソフトボール協会尾張支部長
全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 台風24号が通過したら、この週末25号がまた台風の襲来である。今年の日本列島は酷暑、水害、地震と自然災害の脅威にさらされたが、はや10月である。代表的な異称は「神無月」。日本中の神々が出雲大社に集まると信じられ、出雲の国以外の神社には神々がいなくなってしまうと、この名がある。


 記録的な暑さだった今年の夏も、はや懐かしささえ感じるほどに秋が駆け足でやってきた。数日前から、夕日が大きくなったように感じ、西に落ちていく時、野山を染めるオレンジ色も日に日に澄んで深みを増してきた。残暑も去り、秋に移ったことを空気が教えている。昇る朝日からは勢いとエネルギーを受けるが、沈む夕日は深い安らぎと落ち着きをもたらしてくれる。どちらも必要なもの。夜、草むらから聞こえる虫の声に秋の訪れを感じる。秋は四季の中で最も心落ち着く季節ではないだろうか。これからは「行楽の秋」が本格化していく。


 噴出するスポーツ問題の大半は指導をめぐるトラブルだ。海外に比べて自己主張する選手が少ないとされる日本。異を唱える選手が続々と出てきたことは歓迎したい。踏み込んだ現場からの発言は役員、指導者に意識改革を促す。だが名指しで相手を批判する以上、選手も責任を問われる。リスクを背負って語る言葉を冷静に聞き分けたい。悪質反則問題があった大学のアメリカンフットボール、アマチュアのボクシング、女子のレスリング、体操、重量挙げ…。実力者が長く君臨する世界でパワハラ論議が起きるのは偶然か。長生きは喜ばしいことだとしても、幾つになっても人間の悩みや苦労は尽きまい。人はだれしも年を取る。家族や地域の絆で支え合いたいですね。


 人生は希望と絶望の繰り返し。でも人には想像力がある、夢見る力がある(NHKドラマ半分、青いより)


 9月は日曜毎に天候不順で各大会が出来ませんでした。日程を順送りで何とか大会を成立させたいと大会開催地をはじめ関係役員、審判、記録員も努力しています。出場チーム選手の皆さんもご理解とご協力をお願い申し上げます。


 散策が心地よい季節となった。誰かがどこかで汗を流し、まちはいつも動いている。ささやかな対話に、暮らしを支える知恵や力を見るのもいい。昨日、今日はよく晴れた。月末の台風24号を思い出すと、恨めしくなるほど澄んだ青空だった。

平成30年10月 2日
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R