忍者ブログ

今年も半分すぎました。

愛知県ソフトボール協会尾張支部長
全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 7月になりました。今年も半分過ぎたごとになります。平成の年代もあと9ヶ月。来年の4月から新しい年号に変わります。変わったといえば、「体育の日」が、次期東京五輪の開催に合わせ「スポーツの日」に名称変更されることが決まりました。「国民体育大会」も「国民スポーツ大会」になるという.。日本体育協会は今年4月から日本スポーツ協会に名称を変えました。1911年に大日本体育協会を創設して以来、100年以上も使用されてきた「体育」の言葉が消えた。体育からスポーツへ-。ある意味では、日本社会の変化を象徴する動きでもあります。


 6月は梅雨時でしたが幸い日曜日は天候に恵まれ、各大会は順調に終りました(結果はHP参照。小、中、高の大会はまだ続きます)。 全国大会出場のキップを手に入れたチームは暑い8~9月の本番が待っています。愛知県代表としての活躍を期待します。


 最近、行き過ぎたクラブ活動が問題になっております。体調を崩して学校を休んだ生徒に電話し、部活に出てこなければ罰を与えると伝える。親族の葬儀参列に伴う部活欠席に対し、嫌みを言う。いずれも公立中、高学校の現役教員によるものだ。こうした心ない言葉を発する教員はほんの一部でしょう。


 レスリング女子、日大アメフット部。「人の噂(うわさ)も七十五日」というが、世間が忘れてくれることをひたすら待つ人、忘れたふりをして逃げ回る人、忘れるどころか人ごとのように思う人。こんな人がうようよ、悲しいことである。


 勝利に向かって練習に励むことは立派だし、モチベーションにもつながる。だが、行き過ぎた勝利至上主義がどのような結果をもたらすか。昨今のアメフト悪質タックル問題で浮き彫りになった。長崎県で開催された高校のバスケットボール大会では留学生選手が審判員の顔を殴る事件が起きた。


 世の中、誰だって思い通りにならないことばかり。他人のせいにせず、生きる意味、価値や楽しみは自分で見つけるものではないのかとつぐつぐ思います。


 梅雨の合間の曇り空。くすんだ景色に濃い緑が映える。田植えも終わり、緑の“じゅうたん”が美しい。梅雨明けはまだなので、雨とのお付き合いは続くが、この時期ならではの楽しみもある。


 これから本格的な真夏のシーズン、皆さんガンバッテ!!

平成30年 7月 3日
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R