忍者ブログ

新緑鮮やか、風薫る5月 全国大会をめざし熱戦はつづく

愛知県ソフトボール協会尾張支部長
全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 桜がとうに散り、新緑が目にまぶしい季節がやって来た。 「風薫る5月」 風が運んでくるのは、甘やかな花の香りか、新緑のさわやかさか。花粉が天敵の人にはマスクを外して深呼吸できるうれしい季節の訪れ、野山が緑に包まれ、花々が競うように咲き誇る季節となりました。梅がこぼれ、桜が散って、牡丹が崩れ、椿が落ちる。夏に朝顔が萎み、秋には菊が舞う。一様に咲いては散る花なのに、日本人はその散り際を花ごとに使い分けます。


 緑が色濃くなり、薫風がそよぐ季節が訪れ、新入生や新社会人らは学校や会社で勉強して覚えることが多く、慣れない新生活で疲れがたまるころかもしれない。心身の不調による「五月病」への注意が肝要です。

 皆さん4月から5月にかけては全国大会の尾張予選、愛知県予選が一斉に始まりました。幸運にも全国大会のキップ勝ち取ったチームもあります(試合結果等はHPを参照ください)。スポーツは強い者が勝つ。努力した者に栄冠が輝く。そこでは虚言も遁辞も通用する余地がない。だからこそ、人々を熱狂させる力があります。特に若い人に申し上げます。「鉄は熱いうちに打て」という。鉄を熱して軟らかいうちに鍛えるように、人も柔軟性がある若いうちに鍛えよとの意味。物事を行うのに好機を逃すなとの意味もあリます。「日は昇り、日は落ちる」「春植えざれば秋実らず」「華やかさに目を奪われる時こそ光に隠れた陰に目を凝らす必要があるのかもしれない」と申しあげたい。指導者に申し上げるなら文武両道はずるいと思います。選手に好かれる必要は全くないが、一目置かれるようでないといけない。どの世界でも人をまとめる仕事は難しい。

 平成もあと1年余り。世紀をまたいだこの30年の回顧企画が種々のメディアで始まった。時代を明るくした人たちを、ここではスポーツの世界から挙げてはいかが。来年のきょうから新元号になる。皆さんよろしくお願いします。


平成30年 5月 1日
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

10 2018/11 12
S M T W T F S
2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R