忍者ブログ

球春到来 2月きさらぎ

愛知県ソフトボール協会尾張支部長
全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 2月。旧暦2月の異称は「きさらぎ」。草木など万物がよみがえる「生更ぎ」からきたという説が有力のようです。


 今年も1カ月が過ぎた。年の初めに心に期した目標はまだ継続されているだろうか。まだまだ寒さが厳しい2月ですが、暦の上では春がやってきます。 雪が降るし気温も低いしどこに春がやってきたんだろう?と思ってしまいますが、ほんの少しずつ季節は春へ向かっていくのが2月なんですね。春はすぐそこまで来ている。冷たい風に向かって。高く。


 1月28日愛知県ソフトボール協会尾張支部と全尾張ソフトボール連絡協議会の30年度役員会を開き、いろいろな問題点(大会の開催地・役員役割・発生する諸問題)を提起検討し決定しました。審判委員会、記録委員会は難しい事が多く解決策はなかなか見出せないが、それでも尚皆さんが協力しあうことでこの難局を乗り切ろうということになりました。今年度は役員等の改選期であります。2月25日の尾張支部の評議員会に1月28日に決めた案と一緒に提案します。が前もって、永年尾張支部の事務局長の古田雄一さんが30年度(4月1日)から県の事務局長に乞われています。支部も後任を決め支部活動に支障を来さぬよう万全の対策を立てて対処したいと思います。(承認後HP掲載予定)


 教員の部活動について一言。部活動は生徒や教員の自主的な活動とされ、教育課程には含まれない。だが、実際は教員が顧問などを強制されることが多く、休日返上で指導する。残業代もほとんど出ない。教員に過重労働を強いる部活動はもう限界ではないか。


 立春。春が始まり、次第に寒さも和らいでいく日とされる。が、夜明け前がいちばん暗く、春の手前がいちばん寒い。人はどんな時代でも、そう信じてきたに違いない。これからの2週間くらいは寒さのピーク。しかし北風よ、春は隣まで忍び寄っているぞと言ってやろうか。寒さは一段と厳しさを増すが、日脚はわずかながらも確実に伸びていく。季節は移っても、人間世界の攻防は激しく、熱くなるかもしれない。


 花は、そこまで来ている春を鋭敏に感じとりながら、まだ残る冬の気配を警戒しているようにみえた。


 皆さん、今年度もよろしく。

平成30年 2月 3日
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R