忍者ブログ

9月(長月)スポーツの秋、読書の秋、食欲の秋

愛知県ソフトボール協会尾張支部長
全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 9月になると、厳しい夏も終わりを迎え、日の長さが徐々に短く感じ始めます。 木々の緑も少しどこか落ち着いた色に感じられます。日本では、旧暦9月を長月と呼び、現在では新暦9月の別名としても用いています。  そして平成という時代は、残り8カ月余りとなりました。送り火のなごりも消えて、秋来ぬか-。涼風が舞い戻り、酷暑も忘れてしまいそう。今夏は命にかかわる異常気象、ふるさと、ご先祖、原爆、平和…。八月葉月。忘れてならないことばかりです。


 この8月は小、中,高校の日ソ協の全国大会をはじめ高体連、中体連の大会がありました。夏場の主催者は、熱中症予防に細心の注意を払っています。しかし予防は、運営側の努力だけでは効果は薄い。選手や保護者、観戦者も万全の備えをしなければ熱中症は防げない。熱中症に苦しむ選手や観戦者を出さないために、大会に関わるすべての人が、高い意識を持って会場に足を運んでくださいました。(詳細は日ソ協などそれぞれ関係するHPを参考ください。この地域の主な大会はありませんでした)。

 来年以降、「あの夏は暑かった」。そんな一過性の異常気象で終わればいいのだが。災害レベルと言われる今夏のような猛暑が当たり前になっていくようだと気が重くなリます。夏の終わりを告げる処暑が過ぎ、大風の厄日と言われる二百十日が9月1日。新しい季節はもうそこに来ているはずなのに、相次ぐ台風に隠されたままだ(台風21号)。ギラギラした輝きから、きらきらときらめくような色になっているはずの海は、大波が暴れまくっています。9月になると厳しい暑さも収まり、季節が夏から秋へと移り変わってゆきます。朝晩の過ごしやすい涼しさの中で、なんとなく寂しさを感じることもあります。そして、夏とは違った風物に接しているうちに、秋の真中にいることに気が付くのでしょう。


  全日本剣道連盟が居合道の段位・称号審査で、受験者が合格目的で審査員らに現金を渡す不正行為が慣例化していたことが判明。レスリングのパワハラ、アメフットでの悪質反則、ボクシングの不正疑惑、そしてバスケ選手の買春も含め、今、せきを切ったようにあふれ出す、さらに月末には体操協会幹部による、とんでもないパワハラなどなど。 実績のあった人が協会幹部になると、残念ながら、間違いなく現在の常識が分からなくなる。さらに高齢になると自分本位で、上目線で世相との距離感が甚だしく、マスコミの格好の餌食になります。これ以上恥をかかないためにも、早々にご夫妻には引退を進める。


 「選手ファースト」のためにも、スポーツ界の不祥事。この際どうせなら東京五輪までにうみを出し切ってしまおう。

平成30年 9月 1日
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R