忍者ブログ

秋。熱い夏はまだ終わらない

愛知県ソフトボール協会尾張支部長

全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 暑さ寒さも…の彼岸にはまだ間があるが、お盆を過ぎた頃から幾分、朝夕の空気が変わってきたことを肌で感じ始めた。夏至から2カ月が過ぎ日暮れの早さに気づく。太陽が南に傾き始め影は少しずつ伸びてきた。ともあれ、夏の疲れを残さないようにしたいものだ。記憶だけでなく歴史に残る暑い、熱い夏はもうじき終わる。


 リオ五輪や高校総体をはじめ、この8月はソフトボールの全国大会が各地で行われた。何かと熱く、暑かった夏がやっと終わると思っていたら、相次いで四つも東日本に上陸した台風には驚いた。


 8月はこの地域での大会は市町村大会を除き行われていない。県大会で代表権を得たチームが、全国各地で行われた大会で活躍した。(HP参照)


 この秋は主に地域大会、尾張大会が行われ、全国大会への予選会はほとんどありません。とはいえ来シーズンへ向けての戦いは始まっています。どんなに努力しても全員が夢を獲得できるわけではないどころか、そのすべてが次の挑戦の機会を得られるわけでもない。夢を達成できるのはほんの一握りにしか過ぎないことを一番よく知っているのもアスリートです。スポーツマンシップとは、対等な条件でのみ勝負に臨む心掛けを言うのであろうと。スポーツは勝ちさえすればいい、というものではない。そこから得られる何かをつかんでほしい。


 今日、TVを見ていたらジャパンカップの放映をビックカメラ提供で放送されていた、(9/3 9/4)久しぶりにビッグゲームを楽しんだ。


 さあ、次はいよいよ東京五輪。リオを去り、「4年後に向けて戦いは始まった」と口元を引き締める日本ソフトボール関係者そして日本代表アスリートからあらためて学んだのは諦めない大切さ。期待します。


 9月に入り、朝夕は秋めいた風が吹き、庭先では虫の鳴き声が風情を醸す。学校には夏休みを謳歌した子どもたちが登校。道行く途中、「おはようございます」と交わす何気ないあいさつに、日常のありがたさを感じてやまない


 次第に秋深まれば、楽しみな紅葉の出番。今しばらくお待ちを。

平成28年 9月 4日
PR

暑中お見舞い申し上げます。 やったねソフト五輪復帰! 

愛知県ソフトボール協会尾張支部長

全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 IOCはリオデジャネイロで総会を開き、2020年東京五輪の追加種目について野球・ソフトボールほか5競技18種目を採用すると決めた。野球・ソフトボールは北京五輪以来三大会ぶりの復帰になります。


 やっとソフトボール関係者の夢が実現しました。これからは東京五輪を成功させ、その後の五輪も継続して参加できるよう、世界にアピールしたいものです。


 連日の猛暑ですが、7月28日から8月1日まで、第62回全日本教員ソフトボール選手権大会が予選を経た全国から32チームが参加して、一宮市の大野極楽寺公園野球場と江南市の蘇南公園グランドで行われた。


 一宮市と江南市のご理解とご協力、そして一宮・江南両協会の献身的なご尽力とご協力で素晴らしい大会運営で、選手たちも暑さの中素晴らしいゲームばかりでした。


 優勝したのは金沢教員ソフトボールクラブ、準優勝は高知教員ソフトボールクラブでした。連日30度を超えるうだるような暑さが続き、心配した熱中症も選手で1人、審判員が1人ですみました。


 教員大会も来年からは革ボールからゴムボールに変わりますので、本年が最後の革ボールの大会になるようですが、それにしても練習量が少ない先生たちには真夏の大会は気の毒なように見えました。(広報ソフトボール尾張のHP参照)


 一宮市と江南市のご理解等と、関係する大会役員と競技役員と、とりわけご協力願いました一宮・江南協会の皆さんに、感謝と御礼を申しあげます。


 朝からクマゼミが鳴いている。昨夜は雨だったが、それでも暑い。座って新聞を読んでいても汗が出る。この時季の朝。日差しが降りそそぎ始めた途端、セミの合唱にも力が入る。連日30度を超えるうだるような暑さが続き、疲れを蓄積させている人も多いことだろう。猛暑で食欲も落ち気味だが、新鮮な旬の野菜を食べて夏バテを防ぎたい。

平成28年 8月 4日

七月・文月・梅雨晴れ

愛知県ソフトボール協会尾張支部長

全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 このところ、梅雨末期を思わせる豪雨が各地を襲う。適度な雨をと願っても、自然界は”異常気象“の4文字が目に入らぬかとばかりに、無力な私たちを翻弄し続ける。しかし梅雨空の下で美しさが引き立つアジサイ、爽やかな花色も散らないまま枯れてゆく姿は侘しい。


 6月も昨日で終わった。早いもので2016年も半分が終わり、情報が目まぐるしく飛び交う社会の中にあって、何が重要で何が必要なのか、自分を見失わないようにしたいものである。このところの空模様はままならない。降っても照っても、なすすべがない。思い通り雲が呼べたら、さぞ愉快だろう。そうした願いの表れが叶えばと思う。


 尾張支部の大会も開催する主管協会のご協力、ご尽力で雨にたたられながら順調といえば順調に終わりました。開催地には多大なご迷惑、ご尽力を賜り、お詫びと感謝を申しあげます、また役員、審判員、記録員や、とりわけ出場する選手の皆さんには、突然のスケジュールの変更や試合の強行などなど、ご協力お願いし何とか大会を終了することが出来ました。有難う御座いました。


 この月は予選会・地域大会等々御座いますが、とりわけ7月29日から始まる全日本教員ソフトボール選手権大会が一宮市・江南市共催で行われます。(詳細はこのホームページを参照)皆さんには多大なご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のうえご尽力ご協力をお願いします。


 アスリートに告ぐ、成功の反対は失敗ではない。チャレンジしないこと。これはアスリートたちに届けたい言葉だ。未来を信じ、努力を続けることに意味があると言ったら言い過ぎだろうか。そこまでして勝ちたいかと素朴に思う。勝った者でしか味わえない、誇らしい瞬間だろう。しかし後ろめたさをひきずって、心から笑えるだろうか。


 先月の大会で試合放棄をしたチームがあった。実に他愛のない理由で、審判のジャッチメントが不服で放棄した。スポーツを理解しない、こんなチームには出場の資格がない。退場してもらいたい。


  幸せとはその辺に転がっている。なのに、みんなそれに気づいていない。見ようともしない。

平成28年 7月 1日

6月 やがて入梅り

愛知県ソフトボール協会尾張支部長

全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 6月の声を聞いてまず思い浮かぶのは梅雨だろう。だが、このところは天候に恵まれている。空の青に、木々の緑がとけ合い、爽やかな風が吹く。いい日だ。


 すがすがしい空気。明るい日差し。過ごしやすい若葉の季節はやはり人気が高い、まぶしき新緑はわれわれの味方である。つい前日までは夏日または真夏日が続いた。空気は乾燥しようやく芽を出し始めた畑の野菜たちはしおれ気味。色づき始めたアジサイも首を垂れてしまっている。梅雨がさぞ待ち遠しいことだろう。アジサイの白みがかった萼はゆっくりと薄い青、紫、そして紅色へと変わっていく。その色の七変化はやはり雨に濡れてこそひときわ際立つ。山の多様な緑も瑞々さが増す。


 梅雨入りが近い。やがてじとじとした雨天が続く中、天気予報にため息をつくことの増える時季がやってくる。今年の梅雨時期は南からの湿った空気が入りやすく、全国的にぐずついた梅雨らしい天気になる見込みだという。じめじめとうっとうしいイメージがどうしても先立つが、恵みの雨をもたらしてくれる時期。緑はさらに濃く、動物たちは躍動する。豊かな日本の四季を構成する一員だ.。


 5月20日~5月22日には日本女子リーグが大口町で6度目の開催をされた。いかに地元に東海理化のチームがあるとは云え、なかなか出来ることではない。この大会を含め1度も雨に降られない。これは大口協会長の人柄の良さかも知れない。


 東海理化はスタートダッシュに失敗した。このままだと1部昇格は難しい。今後の奮起を期待する。本拠地を一宮市に移したDream Citrine も颯爽とデビューした。クラブチーム故の苦しさがあるものの地元に愛され、ぜひ成功されたい。


 たかが2部の大会と侮るなかれ、この中に東京オリンピックの選手が埋もれているかも知れない。JOCが5種目一括提案してIOC理事会で承認された。いよいよソフトボールのオリンピック参加も現実味を帯びてきた。


 同じ日に全国中学生ソフトボール選手権大会愛知県予選が行われた。この大会はクラブチームも参加可能だ。いや中学校単位のチームも正式にはチーム名を名乗る。クラブチームも弱いうちは問題が起きないが代表権をとるようになると中学校から物議をかもし出す。昨年は優勝、準優勝ともクラブチームで今年も優勝、準優勝ともクラブチームであった。中学校の先生からすれば釈然としないかも知れませんが、中学校が少子化のため1校あたりの生徒が少なく、レベルの高い選手を集めることが難しく、またクラブチームで行うのが世界の大勢であると理解願いたい。幸い中学校体育連盟(中体連)の大会は学校対抗であり、夏休みを利用して予選(地区予選)から決勝(全国大会)まで8月下旬に日本一が決まる。


 チームスポーツの多くは、グランドに立てる人数はもちろん、控え選手としてベンチに入れる選手の人数もルールで決まっている。今の時期、高校や中学校の部活動で、背番号をもらえずに最後の試合を迎えることになった3年生の皆さんも多いはずだ。これまでの頑張りが無駄になるわけじゃない、この経験はきっとあなたを強くする、といくら言っても慰めにはならないかもしれない。でも心からそう思う。選ぶ先生もつらい。だから試合の当日、観覧席から仲間に熱い声援を送る姿を見るたびに胸が熱くなる。さまざまな悔しさを乗り越え、チームメートと一緒に戦う気持ちに頭が下がる。


 ますます暑さが厳しくなります。選手は勿論、大会を支える審判員、記録員またそれを支える協会、及び連盟の役員の皆さん暑さ対策を十分にとり、シーズンを乗り切ってください。

平成28年 6月 2日

さわやかな風薫る5月 熱戦が続く

愛知県ソフトボール協会尾張支部長

全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 新緑の季節到来。街路樹や公園の木々はいつの間にか柔らかな緑を装い、目に心地よい限りである。「萌える」という言葉がぴったりだ。今年は桜の便りがちらほら聞こえ始めたかと思っていたら、にわかにどこもかしこも満開となり、瞬く間に駆け抜けて行ったような春。聞けば草花の進度は昨年より1週間程度早いという。県下、屈指のフジの名所津島市天王寺公園と江南市曼陀羅寺のフジは、一斉に無数の花房が垂れ下がり、芳香を放つ景観は神秘性さえ感じられた。


 今シーズンは比較的に天候にめぐまれスケジュールも順調です(owarisoft.com参照)早々と全国大会のキップを手に入れた幸運なチームもあります。これから6月、7月に懸けて全国大会の県大会が始まります。どの大会も夢とロマンがあり、数々のドラマが生まれます。小学男女、中学男女、高校男女、大学男女、一般男女、クラブ男女、壮年、実年、シニア、ハイシニア、レディース、エルダー、エルデストの全国大会の県予選があり、主管される市町の協会及び連盟のご尽力とご協力と競技役員としての審判員と記録員の皆さんのお働きのおかげであります。


 今月は大口町で日本女子ソフトボール2部ホープセクションが始まります(5月20日~5月22日)。たかが2部リーグと侮るなかれ、次の日本女子ソフトボールの金の卵がいるはずです。何より敬服するのは大口協会が6度目の誘致されることで、こんな協会は全国でも稀であります。大会誘致を出来るだけ避けたいと思う市町村協会等が多いなかで稀な存在あり、頭が下がる思いです。


 今年は地元の東海理化をはじめ、一宮市からDream Citrin in Ichinomiya が参加します。このチームは静岡県から移籍したチームで一宮市と一宮市ソフトボール協会が応援しているチームです。何かと話題の多い今年のリーグ戦、皆さんにはぜひご観戦のうえ応援をお願いします。


 チームを進化させる鍵はチームワークにあります。チームとしての目標の立て方や、士気を高めるリーダーの存在です。キーワードは「ミッション」「パッション」「ハイテンション」。こんなリーダーがいる組織は幸福です。優しいアドバイスをアスリートたちにしたい。ギャンブルをおやりなさい。賭けるのは自分の得意なソフトボール競技のみ。そして賭けるものは、お金ではなく自分の能力、人生すべて。勝てば、こんなに興奮することはあるまい。その上、栄光と拍手まで手に入るのである。


 鳥のさえずりが心地よく響く季節になった。新緑の野山を散策する楽しさを何倍にもしてくれるのさえずりが心地よく響く季節になった。新緑の野山を散策する楽しさを何倍にもしてくれる。さわやかな風薫る5月。

平成28年 5月 3日

カレンダー

06 2019/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R