忍者ブログ

弥生3月。春はあけぼの。さまざまに思念が巡る「陽気な春」

愛知県ソフトボール協会尾張支部長

全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 3月。まだ寒い日も続くが、昼間の日差しは春の気配が日に日に色濃くなってくるのを感じる。梅の花の見頃だ。


 年が明け、はや2カ月が過ぎ去った。年初からの日々の巡りが早く感じることを言葉のごろあわせで1月は行く、2月は逃げるなどともいう.


 2月は最も短い月なので当たり前でもあるが、今年はなぜか時間がもどかしいほどゆっくり流れたような気がする。身近にわずらわしさを感じることなどさほどなかったにもかかわらず。 


 皆さんお待たせしました、いよいよシーズン幕開けです。2月に県評議員会、続いて尾張支部(全尾張連絡協議会)評議員会を済ませ、3月5日に審判委員会、記録委員会の総会を行い準備万端です。


 3月19日の県一般男子1部第1節(江南市蘇南グランド)を皮切りに、スケジュール通りシーズン末まで一斉に始まります。以後毎週のごとく大会が続きます(ホームページ参照)。


 本年度は日本女子ソフトボール1部リーグの開幕節をナゴヤドームで4月22日(土)23日(日)に行います。また11月4日(土)11月(日)には同じナゴヤドームで決勝トーナメントが実施されます。2020年のオリンピックを間近に控え、日本トップチームのレベル高い試合が見られます。(愛知県からトヨタ自動車、豊田自動織機、デンソーが出場、昨年の優勝はトヨタ自動車)


 大口町(大口町総合運動公園)では毎年恒例の日本女子ソフトボール2部リーグホープセクションが行われ、1部リーグ入りを目指す東海理化(大口町)とDreamCitrine(一宮市)が出場します。ぜひご観覧して応援ください。そしてソフトボールの用語となった「快音」の響きは「カーン」だろうか。日頃の憂さを吹き飛ばしてくれそうです。


 2月を「光の春」、3月を「気温の春」と呼ぶそうだ。光あふれるこの季節を表すのにはぴったりです。 


 冬萌(もえ)」という言葉には心が少し浮き浮きする。庭先の葉を落とした木の枝先にも多くの新芽がついていた。厳しい冬の間も、草木は新しい季節に向けて着実に準備している。あと何度か三寒四温を繰り返せば一斉に春の芽吹きだろう。


 努力とは薄い紙を積み重ねるようなもの。絶対に負けられない戦いといえば、おなじみのフレーズだ。結果が全てのスポーツ。負けてもいいかもしれない戦いなど幾つもあるまい、などと考えることもあるのだが、あなたが今、心にとどめておきたいこと、つないでおきたいこと。いろいろ葛藤する。


 選手の皆さんガンバッテください。

平成29年 3月 2日

一陽来復から如月へ もうじきシーズンが始まります

愛知県ソフトボール協会尾張支部長

全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 きのうから、はや2月。3日は節分、4日は立春と続く。「春は名のみの」ではあっても季節は着実に進む。見落とさないよう心の暦をめくりたい。


 きのうから始まったプロ野球のキャンプも春の息吹を感じさせる行事だろう。ファンにはたまらない球春到来だ。


 先月29日に尾張支部(全尾張連絡協議会)の役員会を開き29年度の試合及び行事日程を役員のご理解ご協力により案を決めました。今月26日の評議員会で皆さんの承認を経て決定します。


 今年度の行事日程も沢山あり、その内容については評議員会後、担当の役員かホームページ(広報ソフトボール尾張 http://owarisoft.com)を参照して下さい。


 今年こそ全国制覇を目指す多くの選手の皆さん、努力が必ずしも報われるわけではないのだと思い知らされる。だからこそ、一歩ずつ半歩ずつと頂点にたどりついた姿に胸が熱くなる。確かに努力は勝つのだ、と。


 スポーツ界に限らず、社会のさまざまな場面で、新しい動きが芽吹く時季なのだろうか。2月は「梅見月」の別名がある。梅の便りを耳にし、「春浅し」から「余寒」「春めく」「春色」と春を待つ季語を経て、やがて陽光がきらめく季節に移り変わる。まさに開放感への助走の時と言える。


 役員の皆さん、主管される各協会・連盟の皆さん。本年度も運営宜しくお願いします。審判員や記録員の皆さんは派遣などやりくりに大変だとは承知しておりますが宜しくお願いいたします。


 今年から初めての「プレミアムフライデー」が2月24日に実施されるそうですが、毎月末の金曜日には「午後3時をめどに退社してゆっくりしてもらおう」というのがうたい文句、どれだけの人が恩恵を受けれるのでしょうか。それと学校はどうなるのかな。


 人はみな、どんな境遇にあっても、自分の夢、あるべき姿を脳裏に描き、目標とする生き方を考える。たとえそれが実現できなくても、自らの目標に挑戦することで辛苦に耐え、明日への希望を見いだす。有名無名は関係ない.。


 今年も頑張りましょう

平成29年 2月 2日

あけましておめでとうございます。

愛知県ソフトボール協会尾張支部長

全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 2017年の新春を迎え、皆様にはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。


 協会の皆様、昨年は協会運営に何かとお世話になりまして、大変ありがとうございました。本年も充実した年になるよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。


 昨年は12月まで日程が延びて(12月18日)選手の皆さんをはじめ審判・記録・主管協会の皆さんには多大なご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした。


 ただいまは今年の大会(平成29年度)や行事日程や開催地などをお願すべく調整中です。関係する役員方は協力的で1月中には決定します。


 選手の皆さんは昨年のリベンジをすべくトレーニング中と思います。好機でも、絶対に決めなくてはと力が入りすぎたり、丁寧になりすぎて得点できなかったりすることもある。一方で調子がいいときは、何も考えずに思い切ったプレーがうまくいく。スポーツでも負けが続くと悪い循環に陥る。また失敗するのではと不安がよぎると、判断が遅れてミスにつながってしまうことが多い。その克服にはトレーニングしかない。


 若いアスリートに提案したい。激動の2016年が終わりました。申さる年から酉とり年へ。1年間を振り返り「昨年やったこと」を綴つづり、迎春を境に「新年にやること」を記していく『自分ノート』を提案したい。信念を貫く新年の目標を立てなさい。


 本年度も日本女子リーグ1部開幕節、決勝トーナメント(いずれも名古屋ドーム)をはじめ尾張支部(全尾張ソフトボール連絡協議会)でも様々な大会があります。今年こそ日本一を目指すチームもあれば、ソフトボールを楽しむチームもあります。


 早々に3月末に上位大会に出場するチームを紹介しておきます。東郷ジュニアーガールズと稲東レッドスターズ(小学生女子)の2チームです。皆さんの応援をお願いします。


 除夜の鐘に耳を澄ます時をを迎えました。余韻と静寂。慌てずに歩めばいいと教えてくれているようです。その響きにうなずくのが恒例になっているようです。


 一年を結ぶ言葉として「ありがとうございました」。


 どうぞ良いお年を。

平成28年 大晦日 ~ 平成29年 元旦

師走 皆さん本年度も有難うございました

愛知県ソフトボール協会尾張支部長

全尾張ソフトボール連絡協議会会長

 師走。今年も残り1カ月弱となった。師走とは僧侶がお経を上げるため東西を走り回るからとも、教師が走るほどに忙しいからともいわれるが、どうも怪しい、が、年の瀬の慌ただしさを表すのにはぴったりの言葉だろう。来る新年を心穏やかに迎えるためにも、やり残したことにはできるだけ決着を付けておきたいものだ。せわしない12月はいつもの月よりさらにスピードを増して過ぎ去っていく。師走前から各地から雪の便りが届く。十一月の積雪が記録されたというから、今年の冬将軍はせっかちなようだ。             


 尾張支部及び全尾張連絡協議会の試合や行事はほぼ終了しました(県会長杯争奪大会女子の部は雨のため12月にずれこみました)。


 後は年末年始にかけて来シーズンの行事予定等調整会議がございます。本年度の反省を踏まえて来年度の計画等、皆さんのご意見をお伺いしながら関係各位に決めていただき、より良い協会運営にあたるのがベストです。年末にかけて研修会や、来年に向けての計画等々役員、審判員、記録員の皆さんにはご足労をおかけしなければなりません。また、皆さんには忌憚のないご意見・ご批判をいただき、よりよい協会の運営が出来ればと思います。


 選手の皆さん、本年度の結果はいかがでしたか。来年に向けての抱負は、そして希望を失わず耐え抜いた意志の力に敬服するしかない。いまを充実して生きること。日々、それを心掛けていれば、よき人生を全うできるのだろう。その言葉を信じて。


 役員、審判員、記録員、そして傘下の協会連盟の皆さん、そして関係する諸団体の皆さんお疲れさまでした。来年度も関係する皆さんにお集まりいただき計画を詰めたいと思います。


 本年度から一宮市で移籍して活動を始めたDream Citrineは日本女子リーグ2部で躍進し1部2部入れ替え戦に挑みましたが惜しくも破れ1部入りはなりませんでした。来年こそ東海理化とセットで1部入りを果たしてもらいたい、期待します。


 今年も残すところひと月弱。時季にふさわしい日の長さ、寒さになった。イチョウの黄葉が盛りを過ぎたものの、まさにらん熟した美しさを見せている。紅葉は散り際が美しい。樹木にこもを巻く冬支度は、冬の風物詩である。木枯らし、北風、サザンカ、ナンテン、年賀状、クリスマス…冬を代表するような風物詩は数多い。雪もそうだし、最近はあまり見かけなくなったが、たき火も入るだろう。茶の花は冬の季語であり、冬に咲く花は少ないだけに重宝される。寒風に耐えて、ひっそりと下を向いて咲く様はどこか人の道を説いているように見えた。


 皆さん本年度も有難うございました。 感謝!!

平成28年12月 2日

カレンダー

08 2019/09 10
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

P R